情報がFX業者からEメールが届き

-

-

外国為替市場介入(為替介入)は知っていますか?日本銀行が為替介入をして新聞、雑誌記事、テレビ番組、インターネットなどのニュースで確認した方もいると思います。仕事 辞めたい アフィリエイト

元から外国為替市場介入(為替介入)というのは日本の場合、◯財務大臣が為替レートの沈着を実現できるように行なう手段ということで使われています。

わかりやすく言えば、極端な円高もしくは円安が起きると財務大臣の指令により中央銀行(日本銀行)円を取引して為替のレートを安定化させる、ものです。

為替の介入には方法が何通りかあるのです。

1.単独介入・・・行政機関・中央銀行(日本銀行)が東京での市場において自分から市場に参入して外国為替市場介入(為替介入)をする。

2.協調介入・・・複数の銀行などが協議したうえで各通貨当局の持ち金を活用して同時または断続的に為替介入を行なう。

3.委託介入・・・国外の通貨当局へ向けて為替介入(外国為替平衡操作)を託す。

4.逆委託介入・・・日本銀行が海外銀行などの代わりに為替の介入を執行する。

この通り種類があります。

いずれの種類の為替介入(外国為替平衡操作)もその場、当面為替に大きい影響力を与えると思います。

介入のお金は当然のことですが自分の国の威信をかけて行なうだけにスケールが違うのです。

円を例に例えると、普段は数銭ごとに変動している円相場が急に大きく変化をするのです。

投資家の人なら一度くらいは体験していると思うのですが今までスムーズに利益(あるいは含み損)を増やしていた持ち高を持ち続けていたのだが、持続している持ち高が決済したとのことで情報がFX業者からEメールが届き。

いくら儲かったのかな(損失が出たのかな)?と考えながら決済の状況を確認すると自身が想像していた結果とは逆の内容になっていて目が点になってしまう事例がありました。

外国為替平衡操作(為替介入)が実施された際に多く聞く話なのです。

この例のように外国為替平衡操作(為替介入)が施行されると、市場のトレンドと反対の動きをすることがわかります。

加えて変動する金の範囲は非常に大幅に変わるため注意が必要です。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.thomatwork.com All Rights Reserved.